BOOWY : ボウイ

BOØWY(ボウイ)は日本のロックバンド。1980年代に活躍した伝説のロックバンド。1981年結成、1988年解散。
代表曲「Marionette -マリオネット-」,「季節が君だけを変える」(1987年),「わがままジュリエット」(1986年)

  • 氷室京介(ひむろ きょうすけ):ヴォーカル
  • 布袋寅泰(ほてい ともやす):ギター、コーラス
  • 松井恒松(まつい つねまつ):ベース
  • 高橋まこと(たかはし まこと):ドラム

1981年、群馬県高崎市出身の氷室京介、布袋寅泰、松井恒松を中心に結成される。初ライブ後に高橋まことが加入し、1982年にデビュー。当初は6人編成だったが同年秋に2人が脱退し、以降は解散まで4人編成で活動する。

8ビートを基調としポップでありつつもシャープでエッジの効いた縦ノリのロックサウンドや、ジャン=ポール・ゴルチエをステージ衣装に使用したり、今日のロックシーンでは当たり前となった逆立てたヘアースタイルなどの斬新なビジュアルスタイルが多くの支持を集め、5thアルバム『BEAT EMOTION』と6thアルバム『PSYCHOPATH』は当時のロックバンドのアルバムとしては異例のミリオンセラーを記録した。シングルでも1987年に『MARIONETTE』が初登場1位を記録し、名実共にトップバンドへとのし上がった。

Marionette by BOOWY

しかし絶頂の最中にあった1987年12月24日に解散を宣言。この突然の出来事は大きな衝撃を与えた。翌年1988年4月4日、5日に東京ドームで行った『LAST GIGS』にてバンド活動に終止符を打つ。このライブのチケットは僅か10分で完売、文京区の電話回線がパンクするという事態も起こり、これら一連の流れからBOØWYの人気は社会現象にまで発展した。翌月にリリースされた『LAST GIGS』はライブアルバムとしては異例とも言える150万枚のセールスを記録している。

その音楽性やバンドスタイル、ビジュアル、絶頂期での解散、後に起こるバンドブームの火付け役となるなど、BOØWYが及ぼした影響は絶大である。解散後もベストアルバムや未発表音源がリリースされた際には常にチャートの上位にランクインしており、今日もなお日本のロックシーンに変革をもたらしたバンドとしてその地位を確固たるものとしている。音楽雑誌等ではしばしば「BOØWY以前」「BOØWY以後」と表記され、フォロワーと呼ばれるバンドやミュージシャンも数多く登場している。

2011年4月10日作成 2014年7月12日更新

Youtube : BOOWYのビデオクリップ・コレクションの全公開

BOOWY : おすすめのアルバム

BOOWY : THIS BOφWY (1998)

ニューウェーブ的でトリッキーなギターの布袋寅泰と、シャープなヴォーカルの氷室京介らが在籍していた伝説のグループ、Boowy。本作は、彼らの全20曲を収録したベストアルバムである。 初期の荒削りな<5>から、スタイルを確立し始める時期の代表曲<1><3><4><20>、脂が乗ってきた4作目からの<6><7><8>、一般的にも知られるようになったころの<10><11>、洗練された緊張感の漂う<15>~<19>など、彼らの全活動の足跡をたどることができる。(麻路 稔)

  • 1. ドリーミン
  • 2. ホンキー・トンキー・クレイジー
  • 3. バッド・フィーリング
  • 4. ハイウェイに乗る前に
  • 5. <ノー・ニューヨーク/li>
  • 6. ルージュ・オブ・グレイ
  • 7. わがままジュリエット
  • 8. ジャスティ
  • 9. イメージ・ダウン(ライヴ)
  • 10. B・ブルー
  • 11. オンリー・ユー
  • 12. ビート・スウィート
  • 13. ワーキング・マン
  • 14. ドラマティック? ドラスティック!
  • 15. ロンガー・ザン・フォーエヴァー
  • 16. マリオネット
  • 17. プラスティック・ボム
  • 18. メモリー
  • 19. 季節が君だけを変える
  • 20. クラウディ・ハート

BOOWY : LAST GIGS COMPLETE [DVD](2008)

CD・DVD『“LAST GIGS”COMPLETE』は、88年5月発売のCD『“LAST GIGS”』には収録されなかった、アンコール全5曲を含む未収録曲11曲を加えた完全版としてリリースされる作品だが、今回の作品にはさらになんと、同じく未収録であった『MC』部分も完全収録される事になった。『MC』の中には、ファンの間で“伝説”となっているMC「俺らは、まだまだ伝説になんかなんねーぞ!!」や、各メンバーへの想いを語った「メンバー紹介」などが含まれる。

  • 1. B・BLUE
  • 2. ハイウェイに乗る前に(新収録)
  • 3. BABY ACTION(新収録)
  • 4. BAD FEELING(新収録)
  • 5. 1994-LABEL OF COMPLEX-(新収録)
  • 6. DRAMTIC?DRASTIC!
  • 7. MARIONETTE
  • 8. わがままジュリエット
  • 9. LONGER THAN FOREVER
  • 10. CLOUDY HEART
  • 11. WORKING MAN
  • 12. PLASTIC BOMB(新収録)
  • 13. JUNSY(新収録)
  • 14. IMAGE DOWN
  • 15. BEAT SWEET
  • 16. NO! NEW YORK
  • 17. ONLY YOU
  • 18. DREMIN’
  • 19. ON MY BEAT(新収録)
  • 20. BLUE VACATION(新収録)
  • 21. RENDEZ-VOUS(新収録)
  • 22. ホンキー・トンキー・クレイジー(新収録)
  • 23. NO! NEW YORK(新収録)

BOOWY 1st Album : MORAL+3 (1988)

’87年末{解散宣言}したBOφWYのデビュー・アルバムに,オクラ入りしていた未発表曲3曲が追加されて再リリース。音の方はスカスカのアレンジとミックスながら,氷室の思っきり皮肉で投げやりかつ粗暴(!?)なヴォーカルが全体をリード。原石の魅力。

  • 1. イントロダクション
  • 2. イメージ・ダウン
  • 3. スクール・アウト
  • 4. エリート
  • 5. ギヴ・イット・トゥ・ミー
  • 6. NO N.Y.
  • 7. アウト!!
  • 8. レッツ・シンク
  • 9. MASS AGE
  • 10. ウォッチ・ユア・ボーイ
  • 11. ラッツ
  • 12. モラル
  • 13. ゲリラ
  • 14. オン・マイ・ビート
  • 15. エンドレス
  • 16. DAKARA

BOOWY 2nd Album : INSTANT LOVE (1983)

1983年発表のボーイの2ndアルバムで,ライヴ・ハウスから登場した頃は6人組だったが,ヴォーカルの氷室京介,ギターの布袋寅泰らの4人になっている。ライヴ・バンドとしてのパワーを氷室のヴォーカルにのせ過ぎているようで,本領発揮できずだった 「CDジャーナル」

  • amazon music :
  • Spotify
  • 1. インスタント・ラヴ
  • 2. マイ・ハニー
  • 3. オー!マイ・ジュリー・パート2
  • 4. ファニー・ボーイ
  • 5. オー!マイ・ジュリー・パート1
  • 6. ティーンエイジ・エモーション
  • 7. ロンドン・ゲーム
  • 8. シンフォニック
  • 9. ディス・モーメント

BOOWY 3rd Album : BOφWY (1985)

1985年にリリースされたBOφWYの3rdアルバム。ロック・バンドの頂点を極める第一歩となる作品で、「DREAMIN’」や「CLOUDY HEART」などの代表曲を収録。布袋のヴォーカルとバックの演奏の絶妙な絡み合いが魅力的。 「CDジャーナル」

  • 1. Dreamin’
  • 2. 黒のラプソディー
  • 3. Baby Action
  • 4. 唇にジェラシー
  • 5. ホンキー・トンキー・クレイジー
  • 6. BAD FEELING
  • 7. CHU-RU-LU
  • 8. DANCE CRAZE
  • 9. ハイウェイに乗る前に
  • 10. CLOUDY HEART

BOOWY 4th Album : JUST A HERO (1986)

86年3月発表のBOOWYの4作目である。メンバーがアルバムを作り終えた際に解散を考えたほどできばえに満足した、というくらいに完成度の高い傑作。氷室京介も一番好きなアルバムとして挙げているが、ファンの間での人気も非常に高い1枚だ。 ドンドコした奇妙なリズムに導かれる<1>、打ち込み音と布袋のザクザクしたギターの<2>、代表曲の1つ<3>、吉川晃司を迎えた、後のユニット『COMPLEX』を予感させる<7>、ニュー・ロマンティックな<8>、エロティックな<9>など、名曲ぞろいだ。(麻路 稔)

  • 1. Dancing In The Pleasure Land
  • 2. Rouge Of Gray
  • 3. わがままジュリエット
  • 4. Plastic Ocean
  • 5. Justy
  • 6. Just A Hero
  • 7. 1994-Label Of Complex-
  • 8. ミス・ミステリー・レディ(Visual Vision)
  • 9. Blue Vacation
  • 10. Like A Child
  • 11. Welcome To The Twilight

BOOWY 5th Album : BEAT EMOTION (1986)

86年11月発表のBOOWYの5作目である。<1><2>のヒットにより一般での知名度を一気にあげた、エポックメイキングなアルバムだ。 前作でほぼ確立された、ニュー・ウェーブ的な布袋のギターと親しみやすいメロディラインに性急なビートが乗る、という彼らの基本路線の延長線にある作品だ。しかし、前作よりも勢いが増しただけでなく、アレンジもさらにシャープに、丁寧で洗練されたものになっており、傑作は間違いないだろう。シンセの効果が実に絶妙! <1><2><3><6><7><9><10><12>など、楽曲も充実している。(麻路 稔)

  • 1. B・BLUE
  • 2. ONLY YOU
  • 3. RUNAWAY TRAIN
  • 4. BEAT SWEET
  • 5. NOISE LIMITTER
  • 6. DON’T ASK ME
  • 7. B・E・L・I・E・V・E
  • 8. SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS
  • 9. DOWN TOWN SHUFFLE
  • 10. WORKING MAN
  • 11. RAIN IN MY HEART
  • 12. DRAMATIC? DRASTIC!
  • 13. OUR REVOLUTION
  • 14. SENSITIVE LOVE

BOOWY 6th Album : PSYCHOPATH (1987)

87年発表、BOOWYのラストアルバムにして、彼らの最高傑作である。ジャケットやブックレットの写真のイメージどおり、ヨーロッパ的な退廃をにおわすような、重く洗練された印象を残している。 基本路線であるニューウェーブ的アレンジのメロディアスなビートポップもあるが、ベルリン時代のデヴィッド・ボウイを思わせる<8><9><10><12>などにある、グループとしての成熟を感じさせる雰囲気が特にすばらしい。音が良いことも大きい。広くたくさんの人に聴いてほしい作品だ。(麻路 稔)

  • 1. LIAR GIRL
  • 2. ANGEL PASSED CHILDREN
  • 3. LONGER THAN FOREVER
  • 4. GIGOLO & GIGOLET
  • 5. RENDEZ-VOUS(LIVE IN HAMBURG JULY 1987)
  • 6. MARIONETTE
  • 7. PLASTIC BOMB
  • 8. PSYCHOPATH
  • 9. CELLULOID DOLL
  • 10. FANTASTIC STORY
  • 11. MEMORY
  • 12. 季節が君だけを変える
  • コメント: 0

関連記事

  1. GLAY : グレイ

  2. Mr. Children : ミスター・チルドレン

  3. スピッツ : Spitz

  4. WANDS : ワンズ

  5. THE BLUE HEARTS : ザ・ブルーハーツ

  6. B’z : ビーズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。